サービス一覧

コンディショニングセンター品川(C.C.S.)

コンディショニングセンター品川(C.C.S.)は2010年にフィットネスアポロ社とスポーツプログラムスのオフィシャルトレーニングスペースとして、それまでのADSSスタジオから生まれ変わりました。一人一人の違うカラダ、違う目的を大切にし、《なりたい自分》を獲得するための場です。このC.C.S.の前身は1982 年、東京・代々木に開設されたC.C.Y.(コンディショニングセンター代々木)です。コンディショニングの意味がまだ確立していなかったころからトレーニング、ケア、ニュートリションの三本柱を据えて、アスリートだけでなく”普通”の人にも、それぞれが求めるパフォーマンスを発揮できるようなコンディショニングを提唱し、実践してきました。こういう先進的な取り組みに賛同し、参加してくださった方々に支えられて、C.C.Y.の後継者としてのC.C.S.が誕生したのです。

パーソナル・トレーニング&コンディショニング

マンツーマンで中身の濃いサポートをします。それはまず《自分のパフォーマンス》を測るところから始まります。C.C.S.メソッドともいえる「カラダの使い方」や「パワー発揮能力」、「さまざまな運動をするに当たってのレディネス(準備状態)」などを測って《今の自分》を把握し、《なりたい自分》へのアプローチを組み立てます。選手に限らず、ケガのために好きなスポーツを楽しめなくなってしまった方や、慢性の障害で悩んでおいでの方、手術後の現場復帰のために積極的なリハビリテーションが必要な方など、かかっておいでの医療機関とも必要に応じて連携をとりながらスポーツリハビリテーションも行っています。

最初に「聞き取りセッション」をしっかり行い、C.C.S.のご利用方法なども詳しくご説明します。聞き取り後の最初の3回は特に大切なセッションなので、ご利用の際には必ずお受けいただきます。会員制ではありませんので、入会金や月会費は発生しません。頻繁にご利用になる方のためにはお得な回数券をご用意しています。通常利用はご自分のスケジュールと調整し、予約の上ご利用ください。

C.C.Sの特徴

1. 競技力を向上させたい。

新記録に挑戦したり自己ベスト更新を狙うとき、フィジカルコンディションはすべての土台となります。C.C.S.では総合的な独自のプロトコルでパワーの発揮能力や身体の使い方、コンディションの状態などを測定・評価し、何をどのようにすれば確実にレベルアップしていかれるかを指導しています。

2. 美しく、健康で、しなやかなカラダがほしい。

ヤセたいと思う人は数知れずいますが、理想のカラダを手に入れられる人は数えるほど。なぜなら『途中の挫折』を乗り越えられないからです。C.C.S.ではヤセることが目的ではなく、美しく健康でしなやかなカラダを作ろうとする結果がヤセるという答えになるような指導をしています

3. 疲れをコントロールしたい。

良いコンディションを保つにはまず疲れの原因をきちんと把握することから。オメガウェーブで目に見えない身体の内側からの疲れのサインを読み取ります。原因によって対処の方法は違います。C.C.S.ではその原因を取り除くためのプログラムを指導しています。

4. ケガや痛みに悩まされないカラダがほしい。

トップアスリートだけでなく、ケガをきっかけにして好きなスポーツを楽しめなくなった方はたくさんいます。C.C.S.では手術後の競技復帰のハビリだけでなく、必要に応じて医療機関との連携を取りながら、ケガをしにくいカラダを作り、スポーツを楽しめるコンディショニングを指導しています。

Peak Conditioning ピーク・コンディショニング
コンディショニングセンター品川 (C.C.S.)メソッド

コンディションとコンディショニング
私たちは身体に対して「今の状態」を「コンディション」と位置づけ、「なりたい状態」つまり目指している身体の状態を「ピークコンディション」と呼びます。そして「今ある状態」(コンディション)から「なりたい状態」(ピークコンディション)に向かって望ましい状態にする過程が「コンディショニング」であり、ここでは「ピークコンディショニング」と呼びます。「コンディショニング」と聞くと「調整」というイメージを持たれがちですが、なりたい状態に向かう過程において行われる、全ての要素や方法(強化もリハビリテーションもリカバリーも全て)が「コンディショニング」なのです。
コンディショニングと体力

「体力という確かな土台がアスリートを支える」C.C.S.の施設内に大きく書かれたキーワード。そもそも「体力」とは何でしょうか?生命活動の基礎となる体を動かす力のことです。主に、筋力、瞬発力、持久力などのことを指します。筋力とは力強く動ける力、瞬発力とは素早く動ける力、持久力とは動きを持続する力のことです。このように「動き」を踏まえた上で体力を考えていくことが重要になってきます。ピーク・コンディショニングに必要な要素とは、「体力」であり、その根底には「動き」があり、人が本来持っている動きの基本を習得した上で「体力」を向上させていく、という考えに基づいたメソッドが「ピーク・コンディショニング」なのです。

サービス一覧

[an error occurred while processing this directive]

PAGE TOP