サービス一覧

株式会社スポーツプログラムス

1982年にスポーツプログラムスが誕生して以来、運動生理学やトレーニング理論に裏打ちされた基礎体力養成プログラムを提供し、体力づくりを支えていこうという目的のもと、トレーニングを指導するという仕事を続けています。私たちが30年近くにわたって育ててきた、トレーニングの専門家を派遣し、選手やメンバーをサポートするというこの仕事の場は、高いパフォーマンスを目指す高校・大学、社会人チームから、心臓リハビリテーション、生活習慣病の予防や改善の現場まで広がっています。

「チームでサポートできる」強み

ADSSが輸入・販売している測定、分析、評価のシステムは、どれも世界のエリートチームで採用され、高い評価を受けています。それは、コーチやアナリスト、トレーニングコーチといった現場のスタッフのアイディアや要望を深く反映しているからです。だから、一瞬を争う競技の現場でチームや選手を支えることができ、鍛えあげた能力を最大限に発揮させることができるのです。私たちはさらにユーザー同士、またはユーザーと世界を繋げることで、日本のスポーツ界のレベルアップに貢献したいと考えています。

スポーツプログラムスの事業

1. 障害予防・治療・リハビリ

現場での強化・治療・復帰までをサポート

私たちの理想とするトレーナーはスポーツ傷害が起きてしまったときの治療だけでなく、普段の強化、そして治療後のリハビリテーションまでを通して見られなくてはならないという考えから、社会人や学生のチームに対し「アスレティックトレーナー」の必要性を強く訴えてきました。その仕事の範囲は、社会人や高校、大学のスポーツチームと契約してトレーナーを帯同させたり、プロスポーツ選手個人個人をサポートしたり、そして大学や高校の体育館で一般学生を含めた学生たちに「怪我の予防とケア」の知識を普及したりと多岐にわたっています。

2. 体力面の向上と強化

Keep Best Condition.

基礎体力づくりをモットーにトレーニング指導を行っています。どんなに高度な技術を求めてもそれを発揮できる体力が伴わなければ意味がありません。ただ筋力だけを鍛えるのではなく全身のバランスや柔軟性も含めた体づくりを求めオリジナルの測定と評価を取り入れた指導に取り組んでいます。

3. 食事と栄養面からの強化

トレーニング指導の中の「栄養」

私たちは「食事と栄養」を、「トレーニング」と「ケア」と同じようにトレーニング指導に欠かせない要素だと考えてきました。そこで早くから「栄養士」という資格名でなく、「ニュートリション・コーチ(Nutrition Coach)」と呼び、トレーニングにかかわる役割をアピールしてきました。食事を効果的な身体作りに活用できるよう、管理するだけではなく、「おいしく」「楽しく」トレーニングの現場を支えます。 個人のアスリートやチーム、オリンピックや世界選手権に出場する代表チームなどのサポートを通じ、そこで得た知恵や経験を高校生や中学生の食育に役立てたり、栄養士の仕事をサポートするオリジナルソフトの開発に生かしています。

4. スポーツ施設の企画・運営

ウチらしい「施設運営」を目指して

スポーツプログラムスでは、フィットネス施設を受託運営するほか、自社施設「コンディショニングセンター品川(C.C.S.)」を運営しています。運営や指導のマニュアルに従えば誰でも運営できるような施設ではなく、私たちだからこそできる運営と指導とサービスを工夫しています。時代の流れで、収支のバランスと効率的な経営にだけ終始してしまうようなクラブマネジメントが増える中で、メガクラブとは違った「スポーツプログラムスらしい」チャレンジを常に心に留めています。

PAGE TOP